06
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

人とエルフ

全ての物語には終わりがある。
 これは、一人の少年が世界に生まれ、人とエルフを繋ぎ、導く者としての運命を背負った物語。
 人とエルフにとって、そしてこの世界にとっても共通の敵である〝黄昏〟を倒し、彼とその仲間たちはこの世界に再びの平穏をもたらした。
 長い間お互いに相いれず、敵対関係を維持してきた種族は、この戦いを経てようやく新たな一歩を踏み出そうとしていた。
 今はまだ生まれたばかりの小さな芽。これがこれからどのように成長していくのか、それともこれまでのように途中で手折られてしまうのかはわからない。
 それでも、世界は新しい未来へと歩み出した者たちによって、その有り様を変えようとしている。

……





……

エルフ娘「お母さ~ん。お父さんまだ帰ってこないの~?」

エルフ「そうですよ。お父さんは今大事なお墓参りの最中なんです。積もる話もあるでしょうから、もう少しだけ待ちましょう」

エルフ娘「む~。ご飯早く食べたいよ~」

エルフ「しょうがないですね。それじゃあ、男さんには内緒で少しだけつまみ食いしちゃいましょうか」

エルフ娘「わ~い。お母さん大好き!」

 調理した食事を少しだけお皿に取り分け、男には内緒でこっそりと食べる二人。

エルフ娘「ねね、お母さん。お父さんが今お墓参りに行っているのって私の名前になってる人なんだよね?」

エルフ「そうですよ。それはもう、すごい人だったんですから。あなたが生まれる前に起こった大きな戦いで〝救世主〟として世界を救った偉大な女性だったんですよ」

エルフ娘「『旧エルフ』か~。どんな人だったのかな? 一度でいいから会ってみたかったなぁ」

エルフ「そうですね……。できることなら、私も会わせてあげたかったです」

 そうしてエルフは思い出す。彼女と男と一緒に暮らしたあの懐かしい日々を。
 運命を背負う代価に奇跡を体現し、再びこの世界に受胎した旧エルフ。最初は羨望と嫉妬で彼女の存在をエルフは受け入れられなかった。
 だが、共に過ごして彼女の人柄に触れていくうちに、同じ人を愛する者として徐々に彼女を受け入れ始めたこと。
 その後すぐに〝黄昏〟との戦いのため男共々連れ去られ、冷たい牢獄に押し込まれて不安になった自分を優しく包み込んでくれたことも。
 戦いを終え、役目を果たした末に最後まで笑顔を浮かべ、この世界を去っていった〝救世主〟を彼女は、覚えている……。

エルフ娘「お母さん……泣いてるの?」

エルフ「えっ?」

 エルフ娘に言われ頬を撫でてエルフは気がつく。無意識のうちに彼女の頬には涙が流れていた。

エルフ娘「どうしたの? なにか悲しいことでもあったの?」

エルフ「そんなこと……ないですよ。大丈夫です」

 不安そうに自分を見つめるエルフ娘の身体を優しく抱きしめるエルフ。かつて旧エルフが己にしたように。

エルフ「今はもう、あなたがいますから……」

 どことなく旧エルフの面影に似たエルフ娘の頭を優しく撫でながら、エルフは呟く。
 子供ができる。そう分かったとき、エルフは産まれる子供に彼女の名を付けることを決めていた。
 かつて、悲しい出来事があった。避けようのない別れがあった。
 けれど、それがあったからこそ自分たちは今この世界に存在できているのだと改めてエルフは実感する。
 消えていった彼女の想いに報いるためにも人とエルフが笑って過ごせる世界をつくる。それが、今のエルフと男の掲げる信念だった。
 不意に、家の門を開ける音が外から聞こえた。墓参りを済ませた男が帰ってきたのだろう。
 それに気づいたエルフはエルフ娘に合図を送り、ゆっくりと扉の前へと向かっていく。エルフ娘はエルフの合図に元気よく頷き返した。

エルフ「行きますよ?」

エルフ娘「うんっ!」

 徐々に開いていく扉。扉の前で彼女たちが待っているとは知らない男は、いつものように帰宅した。

エルフ娘「……そ~っ」

エルフ「……そ~っ」

 こっそりと扉の前に移動した二人は、扉が開くと同時に中に入ってきた男の胸めがけて二人が飛び込んだ。
 急に現れた二人に驚きながらも、男は二人の身体を両腕で抱きしめ、満面の笑みを浮かべながら、お決まりの言葉を口にするのだった。

男「こらっ!」

エルフ「……そ~っ」 男「こらっ!」 epilogue 人とエルフ ――完――
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

Secre

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

プロフィール

建野海

Author:建野海
扉の中の部品たちへようこそ。

名前:建野海

twitter @tateumi よかったらフォローしてください。


好きな食べ物: 和菓子、洋菓子などデザート類。

趣味: 読書、ツーリング、ゲーム、ピアノ、映画鑑賞。

好きなマンガ:
ワールドエンブリオ
修羅の門
     3月のライオン
     エリアの騎士
     フルーツバスケット

好きな小説:ダレンシャン
      白夜行
      スロウハイツの神様
      向日葵の咲かない夏
      白い巨塔など。

好きな映画:プラダを着た悪魔
      ワイルドスピード
      僕駐
      インセプションなど。

好きなゲーム:キングダムハーツ
       テイルズ
       ルーンファクトリー
       ゼルダの伝説など

好きなアーティスト:福山雅治
          宇多田ヒカル
          UVERworld
          アンジェラアキ
          

最近の記事

最近のコメント

カウンター

Twitter

 

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1651位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
345位
アクセスランキングを見る>>

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


旅の空でいつか

標準装備で。

CANDY BOX

クリスタルの断章

現実エスケープ

BSR

白と黒の交流所

みくちょんの毎日

木綿湯のぶろぐ

気ままな雑記帳

saichi放送局

とあるゲーマー武装紳士の日常

星のゆりかご

Melt Sugar

小さいにっぽん頑張れ、2ch,大騒ぎ

Twilight of midnight

hana.bana