04
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

男がエルフに惚れるまで

男「おはよう、エルフ」

エルフ「あ、男さん。おはようございます」

エルフに全てを話してから随分と月日が流れた。昔に比べ、彼女は仕事もできるようになり、ほんの些細なことの気配りも行き届くようになった。
まだまだエルフに対する世間の風当たりはキツイが、街の人々の中にも彼女の人柄に触れて普通に接してくれる人が少しずつ出てきてくれるようになっている。
身体もここ最近急激に成長し始め、膨らんだ胸や時折浮かべる色っぽい仕草に目を惹かれてしまう。
ただ、ひとつ問題があるとすれば、あの日以来エルフは度々過度のスキンシップを取るようになっいることだ。不意打ち気味にされるそれには毎度、ドキドキとさせられて困る。
今だって……。

エルフ「男さん、男さん。今日はお仕事お休みですよね!?」トコトコ

男「ああ、そうだね。どうかしたの?」

エルフ「もしよろしかったら私のお願いを聞いてくれませんか」チラリ

男(瞳を潤ませながらの上目遣い……だと。しかも胸元がチラチラ見える。エルフが成長してくれるのは嬉しいけれど、もう少し恥じらいを……)

男「そ、そのお願いっていうのはなんなの?」チラチラ

エルフ「えっとですね、実は以前行った川にまた遊びに行きたいんです。あそこなら旧エルフさんのお墓参りにもついでに行けますし……」ズズズッ

男(近い、近い。見ちゃいけないのに見てしまう。これが男の性なのか、いいやエルフは家族なんだ。そんな目で見るのは間違いなんだ)

男「それくらいだったら、何でもないよ。それじゃあ午後から出かけようか」ソソソ

エルフ「いいんですか! ありがとうございます、ご主人様っ」パアァ

男「ご、ご主人様?」

エルフ「えへへ。普段そう呼ぶことが滅多にないのでちょっと呼んでみました。もしかして嫌でしたか?」テヘッ

男「い、いや。別にエルフの好きな呼び方でいいよ。それじゃあ、ちょっと僕は一度部屋に戻るね」

エルフ「はい。それじゃあ、朝食の調理の続きと昼食の準備もしますね」ニコリ

男(ま、不味かった……。ご主人様ってなんだよ。おもわず抱きしめたくなるところだった。しかもエルフのやつ無意識であれをやってるんだよな、きっと。
 過度なスキンシップや無防備な姿を見せてくれるのはきっと僕が彼女の唯一の家族だからだ。そうだよ……な?)テクテク

エルフ(……む~。男さんってばこれだけ私が迫っているっていうのにちっとも手を出してくれません。でも、昔に比べてだいぶ私を見てくれるようになりましたし、身体もちゃんと成長してきました。
 でも、あの日以来全然私に触れてくれませんし自分に魅力がないのかなんて思ってしまいます。
 男さんに、触れて欲しい、抱きしめて欲しい。もっともっと愛して欲しい。そう思うのは私のわがままなんでしょうか?
 ううぅ~男さん、男さん……)ソワソワ

……



男「いただきます」

エルフ「はい、どうぞ」

男「今日の料理も美味しいよ。これならどこの家に出しても恥ずかしくないね」

エルフ「えっ!? それってどういう……」

男「あっ……。いや、今のは言葉のあやっていうか」

エルフ「私はもうお払い箱ってことですか……」ウルウル

男「あ、その、えっと、違うってそう言う意味じゃなくて……」オロオロ

エルフ「……グスッ」

男(う……。そんな捨てられそうな子犬みたいな目で僕を見ないでくれよ。し、仕方ない。これはあくまでエルフを慰めるためだ……)

男「エルフ……」テクテク

エルフ「男さぁん……」

男「……」ギュッ

エルフ「あっ!」パァァ

男「大丈夫、エルフの家はここだよ。お払い箱になんてするわけないよ」

エルフ「私も、男さんが望んでくれるならこの家にずっと居続けます」ギュッ

エルフ(えへへ。ちょっとわがまま言ってみたら男さん抱きしめてくれました。役得、役得です。
 そもそも、私は男さんが好きなんですからこの家以外の場所に行くつもりがあるわけないじゃないですか。
 たとえ追い出されたって男さんの傍にいますよ、私は!)

エルフ「えへへ~」ニコニコ

男(あ、あれ? エルフの顔がニヤけてる……。もしかして僕からかわれたのか?
 ま、まあ嬉しそうだしもうしばらくこのままでもいいかな……)ギュウゥゥ

エルフ「……」ギュッ

男「……」ギュッ

……



男「ふう、ようやく到着だ」

エルフ「はい、森に着きましたね」ニコニコ

男「ひとまず、旧エルフのお墓参りを先にするけれどいいかな?」

エルフ「はい、構いません。私もそのつもりでしたし」

テクテク、テクテク

男「久しぶり、旧エルフ。なかなかこっちに来ることができなくてごめん。今日はエルフも一緒なんだ」

エルフ「お久しぶりです、旧エルフさん。私たちは元気に毎日過ごしています。今日も、男さんに抱きしめてもらったり……」

男「おい……」

旧エルフ『こらっ!』

男「え?」

エルフ「え?」

お墓『……』

エルフ「そ、空耳ですか」

男「今、一瞬旧エルフの声が聞こえたような気がしたんだが……」

エルフ「き、気のせいですよ」

エルフ(ま、マズイです。さすがにさっきのは調子に乗りました。あのまま続けていたらもしかして、旧エルフさんの怨念だかなんだかわからないものが出てきそうです)

男「それじゃあ、また来るよ。今度はもう少し面白い話を持ってくるね」テクテク

エルフ「では、また」テクテク

……



チャプチャプ

エルフ「えいっ!」ザパーン

男「うわっ! こら、急に飛び込むな。水浸しになったじゃないか」

エルフ「すみません、でも楽しいですよ。バーン!」ザパーン

男「この……。まて、エルフ! 言うこと聞かない子はお仕置きだ!」タタタッ

エルフ「あわわ、待ちませーん。逃げます!」タタタッ

男「待てこら! 逃げるな!」

エルフ「あうっ、捕まりました」ジタバタ

男「あ、こら。暴れるな!」

エルフ「あうううぅぅぅ」ジッ

男「まったく、手間かけさせ……て」

エルフ「男……さん?」

男(な、な、な! 水浸しになったせいで、エルフの服が透けて。それに、濡れた髪が妙に色っぽい。なんだかいい匂いもするし……。ま、マズイ。理性とは別に本能が……。腕が勝手に動く……)

エルフ「どうしました? もしかして、本当に怒ってます?」ビクビク

男「……エルフ、今からお仕置きする。目を閉じろ」

エルフ「はい、すみません……」

男「……」

エルフ「……」ビクビク

男「……」ソッ

エルフ「あ、あの男さん。頬に手を添えられてもくすぐったいだけなんですけれど……」

男「……んっ」

エルフ「……! むぐっ、はむっ。あふっ」

男「ちゅっ……ぷはぁ」

エルフ「……はう。お、おとこさん……」ドキドキドキ

男「お仕置き、だ」

エルフ「お仕置き……ですか?」

男「ああ、これに懲りたらちゃんと言うことを聞くようにしなよ」

エルフ「……それじゃあ、私はまだまだ駄目ですね。だって、男さんの言うこと聞きたくないって思っていますもん。またお仕置き……してくれますか?」

男「ったく、本当に世話が焼けるやつだよ。僕を惚れさせたお前が悪いんだからな……」

エルフ「はい、ちゃんと責任とってずっと傍にい続けます。だから、お世話を焼いてください」

男「しょうがないな、ひとまず今日は一日中世話を焼いてあげるよ」チュッ

エルフ「……そ~っ」男「こら!」 after story 男がエルフに惚れるまで ――完――
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

Secre

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

プロフィール

建野海

Author:建野海
扉の中の部品たちへようこそ。

名前:建野海

twitter @tateumi よかったらフォローしてください。


好きな食べ物: 和菓子、洋菓子などデザート類。

趣味: 読書、ツーリング、ゲーム、ピアノ、映画鑑賞。

好きなマンガ:
ワールドエンブリオ
修羅の門
     3月のライオン
     エリアの騎士
     フルーツバスケット

好きな小説:ダレンシャン
      白夜行
      スロウハイツの神様
      向日葵の咲かない夏
      白い巨塔など。

好きな映画:プラダを着た悪魔
      ワイルドスピード
      僕駐
      インセプションなど。

好きなゲーム:キングダムハーツ
       テイルズ
       ルーンファクトリー
       ゼルダの伝説など

好きなアーティスト:福山雅治
          宇多田ヒカル
          UVERworld
          アンジェラアキ
          

最近の記事

最近のコメント

カウンター

Twitter

 

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
224位
アクセスランキングを見る>>

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


旅の空でいつか

標準装備で。

CANDY BOX

クリスタルの断章

現実エスケープ

BSR

白と黒の交流所

みくちょんの毎日

木綿湯のぶろぐ

気ままな雑記帳

saichi放送局

とあるゲーマー武装紳士の日常

星のゆりかご

Melt Sugar

小さいにっぽん頑張れ、2ch,大騒ぎ

Twilight of midnight

hana.bana