07
1
2
3
6
7
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

罪と罰

「それでは、フィードさん、アルちゃん。お世話になりました」

 フラムへと向かうに西門の前に立ったクラリスが対面に立つフィードとアルにお礼を述べる。だが、二人の顔は浮かない。

「クラリスさん……」

 よく見れば、クラリスの目はここ数日間泣き腫らした痕が引いておらず、真っ赤に腫れあがっていた。兄をなくしたショックから未だ立ち直れていない証拠だ。にもかかわらず、二人に心配をかけまいと気丈に振る舞い、笑顔で別れを迎えようとしていた。

 あの日、クローディアが死んだ日。彼の亡骸をフィードは背に抱えてクラリスたちの元へと戻った。彼との再会を待ち望んでいたクラリスは、その姿を見て涙を流して崩れ落ち、アルもまたショックを受けて言葉を失っていた。
 そんな二人にフィードはただ謝り続けることしかできなかった。自分のせいでクローディアが死んだと、自分を責め、罵ってもらうことでしか責任を取ることはできなかった。
 だが、そんなフィードにクラリスはこう言った。

『いいえ、フィードさんが責任を感じることはありません。シアさんの仇をとるためとはいえ、人をその手にかけた時点で兄は遅かれ早かれこうなる運命だったのかもしれません。だから……だからっ』

 フィードのせいではないと必死に告げるクラリスだったが、兄を失ったショックに耐えられず、その言葉は途中で切れてしまう。そんな彼女を慰めようとするが、自分にそんな資格はないと思い、フィードはただ呆然と立ち尽くすことしかできなかった。
 その後は三人で空き家の近くにクローディアの遺体を埋めてセントールへと向かった。セントールにつくまでクラリスとフィードはずっと黙り込んでいた。そんな二人を必死に元気付けようとしていたアルだったが、それでも二人の態度が明るいものへと戻ることは無かった。
 そして、数日を経てセントールへと辿り着いた三人。すぐさま宿へと帰り、眠りについた。翌日、クラリスにこれからのことについてフィードは話を聞いた。罪滅ぼしのためか、フィードは彼女の言うことは全て聞くつもりだった。だが、そんなフィードにクラリスはフラムへ行く手配だけしてほしいとだけ告げた。

『向こうに私の叔母がいるんです。兄さんがいたころに何度か一緒に暮らそうって言ってくれて。今回の件があるから温かく迎え入れてくれるかは分からないですけれど、これからはそこで暮らそうと思います。
 思えば、今まで私は兄さんに甘えて生きていたのかもしれません。何もかも兄さんに任せて自分は普通に暮らすなんて、失ってみて始めてそれがどれだけ楽な生き方なのか気づかされました。
 だから、フィードさんとはここでお別れです』

 それから数日が経ち、クラリスの旅の準備だけフィードが整え、別れの時が来た。

「クラリス、フラムにはリーネのやつがいる。もし困ったことがあったら、あいつを頼ってくれ。きっと力になってくれるはずだ。それに、俺の力が必要ならすぐにでも駆けつける」

「いいえ、フィードさん。あの人の力は借りません。私とあの人の仲が良くないのはフィードさんも知ってるでしょ? 私、これからは一人で頑張るつもりです。今までは私の支えになってくれていた兄さんがいたけれど、これからは一人でも強く生きないといけませんから」

 そう言ってクラリスはフラムへ向けて歩き出そうとする。しかし、最後に一度だけフィードの方を向いて彼に一言告げる。

「そういえば、フィードさん。知ってました? 私、あなたのことが好きだったんですよ」

 好きだった。過去形で語る少女の心境はこの数日で一体どれほどの変化があったのだろう。おそらく、フィードに責任はないと言いながらも心のどこかでは彼を恨む気持ちが少なかれあるのだろう。それを表に出さないために、彼を好きでなくなることで心の均衡をどうにか保つことができていたのだった。
 そして、今度こそ本当にクラリスは二人の元を去った。ゆっくりと、しかし確実に二人から離れていく。その姿が見えなくなるまで二人はずっとクラリスの背を見続けていた。しかし、その姿が見えなくなってもフィードはその場から動こうとはしなかった。

「マスター……帰りましょう?」

 フィードの袖を引き、話しかけるアル。だが、フィードは何も答えない。

「マスター?」

 見ればフィードの目からは涙が流れていた。どんな時でも、アルの心の支えとなっていた彼が、目の前で初めて弱さを見せたのだ。そのことに気がついて、アルは驚く。

「俺は、俺は失ってばかりだ……。だれも、救えない」

 その場にうなだれたフィードは、涙を流し続ける。悲しみに捕らわれ、傷つき続ける彼をアルはそっと抱きしめ続けるのだった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

Secre

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

プロフィール

建野海

Author:建野海
扉の中の部品たちへようこそ。

名前:建野海

twitter @tateumi よかったらフォローしてください。


好きな食べ物: 和菓子、洋菓子などデザート類。

趣味: 読書、ツーリング、ゲーム、ピアノ、映画鑑賞。

好きなマンガ:
ワールドエンブリオ
修羅の門
     3月のライオン
     エリアの騎士
     フルーツバスケット

好きな小説:ダレンシャン
      白夜行
      スロウハイツの神様
      向日葵の咲かない夏
      白い巨塔など。

好きな映画:プラダを着た悪魔
      ワイルドスピード
      僕駐
      インセプションなど。

好きなゲーム:キングダムハーツ
       テイルズ
       ルーンファクトリー
       ゼルダの伝説など

好きなアーティスト:福山雅治
          宇多田ヒカル
          UVERworld
          アンジェラアキ
          

最近の記事

最近のコメント

カウンター

Twitter

 

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
308位
アクセスランキングを見る>>

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


旅の空でいつか

標準装備で。

CANDY BOX

クリスタルの断章

現実エスケープ

BSR

白と黒の交流所

みくちょんの毎日

木綿湯のぶろぐ

気ままな雑記帳

saichi放送局

とあるゲーマー武装紳士の日常

星のゆりかご

Melt Sugar

小さいにっぽん頑張れ、2ch,大騒ぎ

Twilight of midnight

hana.bana