11
1
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

潜入

深夜、人の視界を遮る暗闇に紛れて幾つかの人影が凄まじい速度で動いていた。人影は街の中心部から徐々に離れ、彼らの目的地に向かって歩を進める。
 揺ら揺らと篝火が燃ゆる。それは走り去る彼らの速度がどれほどのものかを象徴していると同時に、この国を覆う不穏な影を映し出しているようにも見えた。
 もう長いこと走りづくめだというのに根を上げるものはひとりもいない。それも当然、これはエルロイドによって託された任務なのだ。内容は、例のクーリックという貴族の屋敷に忍び込み、リオーネが襲われた件についての証拠を掴んでくるということだった。
今回ばかりは「失敗しました」では話にならない。例の事件の核心に一気に近づくための大事な仕事。ようやく巡ってきた機会だ。これを取りこぼしては次があるかもわからない。

「なあ、本当にこんだけ人数がいるのか?」

 そう告げるのは今回の任務において組まれた部隊の二番手を走るフィード。彼は自分の周りにいる他の人々を見回し、改めて今回の件にこれほどの人数がいるのかどうかを問いかけた。

「そうは言っても、今回の件は失敗したらそこで御終いかもしれないんです。下手に中途半端な状態で向かうより、万全の体制で挑んでも損はないと思いますよ」

 問いかけに答えるのは彼の一歩後ろを走るリオーネ。引き立て役でありながら彼が行き過ぎないようにするお目付け役でもある彼女はどうにかフィードと周りの距離を縮めようとこっそり努めていた。

「確かに俺もそこのルーキーと同じ意見だぜ。たかが貴族。実力もなく金とそれまでの伝統とやらでたまたま残っているだけの奴の家に忍び込むのにこんなメンツはいらねえだろ。なんだよ、この隊長格揃いはよ。今からどっかの賊の殲滅戦でも行うのか?」

 一列に纏まって移動する隊の殿にはアイルが付き、飄々とした様子で後ろから前にいる三人を眺めている。

「アイル、言葉が過ぎますよ。隊長の言うことです、この人員配置にも何かしら意味があるのでしょう。この中ではリオーネの意見が一番まともですね。本当に、どうしてこのように優秀な者の師があなたのような人なんでしょうね。いえ、反面教師にしてきたのなら、この優秀さも納得ですが」

 そして、先頭を進むのはリオーネを褒めながらも、同時にフィードに嫌味を言うことを忘れないミレーヌだ。何かしらの反応が返ってくることを少なからず期待する彼女だが、フィードの方はそろそろこのやりとりも不毛だと思い始めているため、一方的に話を聞き流していた。
 その代わりにアイルの方が大げさに反応し、リオーネの気を引く。

「お~怖っ。なんだよ、なんだよ。もうちっと気楽に行こうぜ。今からの任務は隠密だろ? そんな気を貼ってちゃいざ行動するときに相手に自分の気配が丸分かりだぜ」

 冗談交じりに話しながらも、正論を投げかけるアイル。その点に関してはミレーヌも承知しているのか、

「わかってます。悪ふざけはここまでです」

 そう告げ、それ以降は無駄な挑発を口にすることは一度もなかった。

 それから一時ほど彼らは走り続けた。さすがに息は切れていたが、それも少しの休息によって元に戻る。
 目の前には巨大な屋敷が立っていた。町から外れたことによって拓けた広大な敷地を存分に使った屋敷。贅沢の限りを尽くしているそれを見ただけで誰もが思う。
 もう夜更けにも関わらず、屋敷からは眩い明かりが外に向かって溢れている。夜の静けさに似合わない歓声が、風に乗って屋敷の中から遠く離れた彼らの元にまで響き渡る。

「全く、いい気なもんだ。きっと頭空っぽで毎日過ごしてんだろうな」

 明かりの中で揺れる影を見つめながらアイルがボソリと呟く。

「たしかに、アイルの言う通りかもしれませんね。ですが、今の私たちにはそれはむしろ好都合です。せいぜい、気を緩めておいて欲しいものです。私たちの任務を遂行するのがより楽になりますからね」

 ミレーヌはそう言うと、自分の傍にいたリオーネをフィードの側に寄せ、代わりにフィードの横にいたアイルを引っ張って自分の隣に立たせた。

「ん? どうした」

 不思議そうに彼女の行動の意味を考えるフィードにミレーヌは告げる。

「鈍いですね。今からは二手に別れようという意味です。四人とはいえ、何も固まって居てはどうしても見つかる確立が高くなる。かといってそれぞれバラバラになっては何かあった時に行動が起こしづらい。そのため、二人一組で今からは行動します。
 私は、アイルと。あなたはリオーネと組んでください。お互いその方が動きやすいでしょう」

 フィードとリオーネの関係性を理解して、その提案を出したミレーヌ。リオーネという若き才能に目をかけているミレーヌとしては彼女自身が思う悪い芽であるフィードと行動させたいとは本心では思っていないだろうが任務だと割り切っての判断だろう。実際に付き合いの長さであればミレーヌはアイルがリオーネはフィードが長いと理解しているのだ。

「わかった。それで、合流の際はどうする?」

「合流は今いるこの場所で。潜入の制限時間は一時ほどです。それ以上は危険ですから。もし、誰かが見つかった場合は一斉にその場から退去。万が一誰かが捕まるような事があったとしても助けることなどしないで離脱すること。
 まあ、仮に捕まるようなことがあっても、このメンバーに対抗できるような相手があの屋敷の中にいるとは思えませんけど……」

 チラリと三人を見たミレーヌ。悪態をついているもののフィードの実力自体は彼女も認めているのだ。

「わかりました。では、私とフィードは裏側から潜入します」

「んじゃ、俺らは表側からだな。任務の成功を祈るぜ」

「ああ、全力を尽くさせてもらうよ」

 二手に分かれた二組。フィードとリオーネは宣言通り屋敷の裏手に周りこみ、潜入するために最適な場所を伺っていた。

「にしても、少し意外だ」

「どうしました?」

「いや、これだけ大きな屋敷を持っているんだ。当然巡回している警護人がいるかと思っていたんだが、今のところ一人も姿を見かけないからさ」

「ああ、そのことですか。いえ、それにはきちんと理由があるんですよ」

「と、言うと?」

「前にクーリック氏が反平民主義の貴族であることは話しましたよね。彼はその中でも徹底した反対派でして……。自宅の警護を任せるのも伝統ある純潔な騎士でないと駄目だと口にするような人なんですよ。
 かといって、騎士も一人の人間に付きっきりでいるわけにも行きませんから、決められた日時以外は彼の家の警護は最低限に留められているんです」

「ふうん。それで、賊に忍び込まれることになったら本末転倒もいいとこだけどな」

「ええ、その通りです。その代わりにそれだけ拘る分、彼が採用するのは純潔の中でもとりわけ有能な人間です。そんな人間を彼がわざわざ屋敷の外に配置するとも思えません」

「そうなると、問題はやっぱり屋敷の中か」

「ええ。ただ屋敷に潜入して証拠を掴むだけならどうにかなったかもしれませんが、もし屋敷の中に私たちと同じくらいの力を持った警護人がいるとなるとかなり厄介なことになります」

「だけど、ここまで来て尻込みするわけにもいかない。後のことは実際にことが起こってからどうにかすればいい」

 そう言ってフィードは屋敷の裏側で右端にある、とりわけ人の手がしばらく入っていない場所の窓へと移動した。物音は最小限に留め、周囲を警戒しながら後から来るリオーネを誘導する。

「よし、行くぞ」

 窓の内側にかかった金属製の貫木その周りを風の魔法を使って器用にくり抜き、中へと侵入する。
 入った部屋は予想通り人の手があまり入っていない物置であった。窓から降り立っただけで床に溜まった埃が舞うほどには放置されているようだ。
 暗がりの中、明かりをつけずに目を凝らし部屋を確認する。装飾品や書物、物珍しい工芸品などが一応形だけは整えられて置かれていた。おそらくは衝動的に買った品々だが、すぐに飽きがきたためこうして一箇所に保管されているのだろう。人の手があまり入っていないところを見ると、ここは忘れられた宝物庫とでも言うべき場所だろう。

「ったく、貴族様の考えることはよくわからんな。ここにあるものだけで一体いくらの金を無駄に使ったのやら」

 文句を言いながら窓の対面にある扉に向かうフィード。その間リオーネは窓を元のように閉め、窓横の壁に身を接して外を警戒していた。

「こちらは大丈夫です」

 外の安全をリオーネはフィードに伝える。それを聞いたフィードは外に人の気配がないか確かめる。周囲に人の気配がないことを確認すると先ほどと同じように扉の鍵を切り抜き、僅かに扉を開けて先の様子を伺った。
 細長い廊下。こちらは今いる部屋と違い、丁寧に清掃されていた。床に敷かれた高級そうな絨毯の踏み心地に少しだけ感心すると同時に足音が響かないことに気がつき、好都合だとフィードは思った。
 先に進んでも大丈夫だとリオーネを手招きして自身の後ろに付かせ、フィードは部屋の外へと出た。廊下は一本道。今いる場所から五つ部屋を通り過ぎて、ようやく分かれ道が生まれる。
 事前に支給された懐中時計を見て残り時間を確認する。制限時間は一時しかない。少なくとも全ての部屋を見て回っている暇はない。
 そうなると、探索範囲を絞らなければならない。まず、クーリックの部屋は当然探索することになる。今のところ聞いた彼の性格からすると、自分にとって大事な物をそう簡単に他人に預けるような性格であるとは思えなかったからだ。
 残った候補は書斎、客間となるがこれだけ広大な屋敷の中からその部屋を見つけるのだけでも時間がかかる。最優先すべきは彼の自室だ。それを頭に置き、フィードは先に進み始める。

「任務開始だ」

 彼らの潜入は始まり、短くも長い一時が始まりを告げた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

埋められないもの3

中学生。それは小学生という一つの枠を破り、次の成長段階へと足を踏み出したことを意味する。
身体はこれまで以上に成長し、精神も子供の殻を突き抜けようと、もがき、苦しみながらも一歩ずつ大人に向かって進んでいく。大人に対する反抗、わけのわからない不安感。そんなものを心の内に秘め、時に誰かと助け合い、時に自分の胸の中に閉まって一時の思い出として昇華する。
そんな多感な年頃になった少年少女のもっぱらの興味の対象は異性に関するものだった。
もちろん、それは私も例外ではなく、友達の会話に耳をすませて相槌を打っていた。
「やっぱり光一くんだよね~。見た? 昨日のバスケの試合。他の人たちとはレベルが違ったよー」
「確かに凄かったけどさ、光一くんはバスケ部なんだから上手くて当然じゃない? それよりも蓮くんのパス回しのほうが凄かったと思うな。サッカー部だっていうのにバスケもできるんだもん。やっぱりできる人はなんでもできちゃうんだろうね」
「で、でも……健ちゃんだって格好よかったよ?」
「あ~はい、はい。牧の彼氏も凄かったよー。まったく、牧は本当すぐに健二の話に持って行くんだから……」
「だ、だって……ホントに格好よかったんだから……」
「わかった、わかった……。また、帰る時にでもその惚気話しの相手になってあげるよ。で、秋は誰が一番気になった?」
友人の一人、佳菜子のそんな問いかけに適当に相槌を返していただけの私は言葉に詰まった。
「あっ、え~っと……」
そんな私の様子を見た遥は、またかと言わんばかりにため息をついた。
「なんだ、また聞いてなかったんだ。秋ってこういう話にまったく興味持たないよね。好きな人がいるって話しも聞いたことないし。もしかして私たちに内緒にしているだけで彼氏がいるとか?」
疑り深い眼差しで私をジッと見つめる遥。慌てた私は咄嗟に両手を顔の前でブンブンと何度も交差して否定する。
「違う、違う。もう、何度も言ってるけど私は好きな人なんていないんだってば!」
「え~。せっかくこれだけ可愛いのに持勿体無い。あたしが男だったら絶対に放っておかないけどな~」
そう言って佳菜子は私の身体を上から下まで見回した。
「スタイルも悪くないし、胸だってあたしたちの中で一番だし。ハッキリいうのはちょっとムカつくけど、男子たちの人気もこのクラスの女子で一番なのはあんたなんだよ」
「そ、そうなの?」
初めて聞くその事実に私は驚いた。
「この無自覚さ。これが勝者の余裕か……」
わざとらしく悔しそうに拳を震わせて周りからのツッコミを待つ佳菜子。放っておけばいつまでもそのままでいそうな彼女を放っておくわけにもいかないのか、面倒臭そうに遥が言葉を投げかける。
「はいはい、そうかもね。でも、確かに私も勿体無いと思うな~。引きて数多なんだから試しにでも付き合って見たらいいのに」
そんな遥の提案に牧も控えめに頷いた。
「もしかしたら、付き合ってみて好きになるなんてこともあるかもしれないよ? そうしてみるのも、いいんじゃないかな?」
これ以上この話が続くのはよくないと思った私は咄嗟に話題を変えた。
「そういえばさ、牧ちゃんは健二くんとどこまで進んだの? キスくらいはした?」
「えっ え~っと、それは……」
唐突に話題を振られた牧は言葉に詰まっていたが、それは何から話せばいいのか困っているように見えた。おそらくキスくらいはしているんだろう。
佳菜子と遥は急な話題転換に不満そうにしていたが、私にだって話したくないことがあるのだ。
これ以降はいつものように他愛ない雑談をして、私たちの休み時間は過ぎて行った。

「それじゃあ、また明日」
小さく手を振って分かれ道の一方へ進んでいく佳菜子。残された私と遥もまた手を振り、もう片方の道へと進んでいく。ちなみに、牧は健二を待つためにまだ学校に残っている。
「……で、ホントのところはどうなの?」
二人きりになったのを見計らってか、休み時間に話していた話題を遥が再び持ち出した。
「だから、ホントに誰も好きな人はいないし、付き合う気もないんだってば!」
さすがにしつこいと感じた私はムキになって否定した。そんな私を見て、遥は肩をすくめた。
「なんで、そんなにムキになるのよ」
「だって、遥ってばしつこいんだもん」
「それは、秋がそんなに可愛いのに恋してないのが勿体無いって思ったから……」
「その気持ちは嬉しいけど、私は今誰かと恋愛する気はないの! はい、この話お終い!」
少しだけ不機嫌になった私は遥を置いてズカズカと先に進んでいく。
「ちょっと待ってよ秋! ごめんってば~」
さすがにマズイと思ったのか、後ろから遥が必死に追いかけて来る。そんな彼女に私はクスリと微笑み後ろを振り返りながら追いつかれないよう前に進む。
「や~だっ。許してあげないよー」
追いかけ合いをする私と遥。でも、注意力散漫になっていたせいか、私は道の脇から現れた人影に気がつかなかった。
「あっ!」
と、声をあげた時には既に時は遅く、不意に現れた人にぶつかってしまっていた。
「ご、ごめんなさい……」
そう口にしてから私はその場に凍りついた。
そこにいたのは、眼鏡を掛けたあの人だったからだ。
「いや、こっちこそ。大丈夫? 怪我とかはしてない?」
昔と変わらない柔らかな雰囲気を纏いながら倒れた私を気遣う彼。その行動の一つ一つに目が離せなくて、緊張からか口は酷く渇いていた。
幸いというべきか、向こうは私のことに気がついていなかった。
「いえ、大丈夫です。本当にすみませんでした」
私は深く頭を下げてなるべく顔を見られないようにした。
「そっか、ならよかった。それじゃあ僕はこれで……」
そう言ってこの場を後にする彼。私はかつてと同じようにその背をただ見送っていた。
そんな私の隣にようやく追いついた遥がやって来る。
「ちょっと、大丈夫だった? 結構盛大にぶつかっていたけど」
「うん、平気……」
一見、平然とした様子でそう告げながらも、心の内はとても揺れていた。会わないように避けていた彼にほんの少し触れただけで、強く胸が締め付けられるような思いに駆られるのだ。
「……なるほどね~。彼が、そうなんだ」
そんな私の異変に気がついた遥は彼が私の想い人だと察したようで、ニヤニヤと意地の悪い笑みを浮かべるのだった。
ここまできては私も否定するわけにもいかず……。
「内緒だよ」
と、言うことしかできなかった。
この日、彼との予期せぬ再会によって私の中で燻っていた恋心が再び炎を燃やし始めた。
未だ、彼との距離は遠く離れ、それでもまた彼に触れたい、好いて欲しいと願う気持ちが私に生まれた。
関連記事

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets

プロフィール

建野海

Author:建野海
扉の中の部品たちへようこそ。

名前:建野海

twitter @tateumi よかったらフォローしてください。


好きな食べ物: 和菓子、洋菓子などデザート類。

趣味: 読書、ツーリング、ゲーム、ピアノ、映画鑑賞。

好きなマンガ:
ワールドエンブリオ
修羅の門
     3月のライオン
     エリアの騎士
     フルーツバスケット

好きな小説:ダレンシャン
      白夜行
      スロウハイツの神様
      向日葵の咲かない夏
      白い巨塔など。

好きな映画:プラダを着た悪魔
      ワイルドスピード
      僕駐
      インセプションなど。

好きなゲーム:キングダムハーツ
       テイルズ
       ルーンファクトリー
       ゼルダの伝説など

好きなアーティスト:福山雅治
          宇多田ヒカル
          UVERworld
          アンジェラアキ
          

最近の記事

最近のコメント

カウンター

Twitter

 

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
308位
アクセスランキングを見る>>

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


旅の空でいつか

標準装備で。

CANDY BOX

クリスタルの断章

現実エスケープ

BSR

白と黒の交流所

みくちょんの毎日

木綿湯のぶろぐ

気ままな雑記帳

saichi放送局

とあるゲーマー武装紳士の日常

星のゆりかご

Melt Sugar

小さいにっぽん頑張れ、2ch,大騒ぎ

Twilight of midnight

hana.bana